「クリスマス・イブ」 山下達郎

「クリぼっち」
クリスマスソングのほとんどは、ハッピーな曲ではないです。
「クリスマスにひとりぼっち=クリぼっち」
この「クリスマス・イブ」も、まさにそんな曲です。

この曲は最初、LP「Melodies」の最後の曲として収録されていたものをその年の12月にシングルカットされてリリースされました。
1983年のことです。

「Melodies」のリリースが6月のことで、早速買い求めた私は、最後に掛かるこの曲に、夏なので違和感を感じながら聴いていたり、最後の曲なので、聴かずに終わらせていました。
その時期はまだ、なんら注目されていなかったです。

しかし、冬がになるとラジオなどで多少、曲が掛かるようになると、注目を浴びるようになってきて、私が通っていた田舎の高校でさえ、会話の話題となっていました。
「ああ、それはねアルバム「Melodies」の収録されていた曲が、シングルカットされたもんだよ」
いけ好かない奴でした、自分。

最初のシングル盤は限定のピクチャーレコードで、B面には彼が歌う「ホワイト・クリスマス(英語バージョン)」が収録された、12インチシングル45回転のものでした。

そして何と言って、この曲をメジャーに押し上げたのは、JR東海の「シンデレラエクスプレス」のCMでしたね。
深津絵里に牧瀬里穂。
遠距離恋愛がどれほど流行ったのかは知りませんが、このCMの印象は深く残っています。

曲の方ですが、後半に掛けて、多重録音で何重にもコーラスの音を重ねてくるあたりが、トリハダものですね。

YouTube音源を探してみましたが、厳重に管理されているのか、本人歌唱の映像付きなどは見当たりませんでした。
そんな中、最初に針を置くところから始まり、レコードを掛けたステレオがずっと映っているだけの映像がありましたので、それを紹介します。

YouTube:

Follow me!