「SPARKLE」 山下達郎

過日このブログに登場した、「ひでお」の影響で私も山下達郎のファンになりました。
彼の数多いアルバムの中で最も私が好きなのは、「FOR YOU」です。
1982年に発売され、鈴木英人のジャケットも良かったですね。

前年のサントリービールのCMソングとして流れていた「LOVELAND ISLAND」が収録されたアルバムということでしたが、その曲はアルバムのB面1曲目に収録されていました。
そして問題のA面1曲目、レコードに針を落とした直後、聴こえてきたギターのカッティング音に心を鷲掴みにされました。
まさに、「SPARKLE」のイントロです。

この曲はその年のサントリービールのCM曲に採用されて、テレビでも繰り返し流れていました。

さて、このイントロのギターのカッティングですが、やはりあの音はテレキャスターでないと、出ないと私は思っています。山下達郎が、今メインで使用しているテレキャスターとの出会いがなかったら、あのカッティングフレーズは生まれなかった、と語った雑誌記事を見たことがあります。

あのカッティングコードを、ひでおが教えてくれて、自分も挑戦してみたけど、なかなかうまくできませんでした。
ついでを言うと、私が持っているストラトキャスターでは、どうもあの音の感じが出なかったです。
ひでおの他、いくつかのテレキャスターで試してみると、「パキーン」という、あの音の感じが出るんですね。
これにより、私は後年、テレキャスターを数本手に入れては試すはめに陥りました。

YouTubeより:

(LIVEのもの変更)

で、今回いつものようにYouTubeで曲を検索していたら、カッティング部分のコピー動画がいくつかアップされていました。
ひでおが私に教えてくれたコード、ポジションとは微妙に違っていたことに、三十余年経って気が付いたショック。

(オマケ)ギターカッティングコピー:

 

ちなみに、テレキャスターはこの形です。

2014-03-18 05.14.37