「Everytime You Go Away」 ポール・ヤング

僕の中では、彼は一発屋です。
当時、と言うかちょっとそれから後になると思いますが、この曲の音源をたまたまワゴンセールとして販売されていたミュージックテープ(カセットテープ)で見つけて買い求めました。
そのミュージックテープは彼のベスト盤のものでしたが、そのテープに収録されていたこの曲は何度も聴いたものの、それ以外の曲は全く聴きませんでした。
そういう意味でも僕の中での一発屋です。

けど、曲は大変好きでした。
1985年のリリースで、グラミー賞で最優秀楽曲賞や最優秀男性ポップボーカルパフォーマンスにノミネートされていたようです。

曲のタイトルや詩の訳文を見て、悲しいシーンの歌だったと改めて知りました。
「Everytime You Go Away」⇒「あなたが離れて行くたびに」
それと原曲はホール&オーツだったんですね。

YouTubeより: