「オー・シェリー(Oh Sherrie)」 Steve Perry

- Category - 80年代音楽

Journeyのボーカル、スティーヴ・ペリーの声は松崎しげるの声に似ている、と当時、ひでおと話したりしたものでした。

タイミング的にはJourneyの絶頂期だったと思いますが、スティーヴ・ペリーがグループを離れて、ソロ活動を始めました。
グループがヒットしていて、影響力があったからできたのかもしれませんが、ソロ活動で2枚のオリジナルアルバムをリリースしました。
そのアルバムの1つが、「STREET TALK」で、その1曲目がこの「オー・シェリー(Oh Sherrie)」でした。

オープニングの叫びから、松崎しげる風の声です。
松崎しげるに一度この曲を歌ってほしいものです。

そして、やはりJourneyなんですね。
バンドのカラーはボーカルの声で決まって、それが、TOTOやVAN HALENの変わってもあまり影響がないボーカルとは違っていることを再認識します。

サザンオールスターズとKUWATA BANDのような感じなわけでしょうか?。

YouTube: