「お祭りさわぎ」 ニック・ニューサー

あの頃、耳にしていた音楽には、何も自分からポジティブに掛けることがなくても、耳に入ってくる音楽というものがありました。
その一つはカラオケで流行っていて聴かされていた曲で、同様にディスコなどで掛かっていた曲もそうでしょう。

今日はその前者の例で、「お祭りさわぎ」を取り上げます。
当時のカラオケは、今の様なカラオケボックスではなく、ステージがあったり、なかったりするものの、他の客と混在で、客前で歌うというのが、普通のスタイルでした。
このため、店の店員もいろいろと合いの手を入れるなどして、盛り上げてくれます。
うまく歌う人には、客席から握手を求めてくる客がいるなど、一体感が面白い空間でもありました。

この「お祭りさわぎ」はそんな環境で、雰囲気を盛り上げるには恰好の曲で、客の歌の合間に店員が喉を振るう形で歌っていたのを何回も聞きました。
逆に言うと、オリジナルの曲をちゃんと聴いた覚えがありません。
けど、歌詞もメロディーもちゃんと覚えています。

サビの最後の部分である「今夜もどこかで~」の「どこかで~」の部分を店の名前に変えて歌うというのが、ある種、お約束でした。

Youtubeより: